CS60

CS60(シー・エス・ろくじゅう)

CS60とは、発明家 西村三久氏 により、すべての人のウェルネスを願って日本で開発されたヒーリングデバイスです。
西村氏が「身体における不具合の多くが【プラス電位の堆積】に起因するのではないか?」という仮説を立て、それを取り除くことをコンセプトに開発されました。

C = Cell(細胞)
S = Smooth(滑らかな、円滑に動く)
60 = 60trillion(60兆)

CS60の名称には、60兆(現在は37兆)と言われている人間の細胞を活性化し、体内を流れる体液(細胞内液、血液、リンパ液、脳脊髄液、組織間液、間質液)、生体電流などの流れを円滑にするという意味が込められています。

 

“すべての人のウェルネスを願って
日本で開発されたヒーリングデバイス”

CS60とは、創業者の西村光久が開発したヒーリングデバイス。
施術直後より「体が軽くなった」などの感想をはじめ、さまざまな嬉しい変化を実感していただいております。

家族を施術してあげたい
将来、サロンを経営したい
自分のサロンでCS60メソッドを取り入れたい
海外でボランティア活動をしたい
第三の人生を施術者として世の中の役に立ちたい
毎日いきいきと若々しく過ごしたい

そういった方々にCS60はおすすめです。

CS60本部サイトより

 

CS60のねらい

 

CS60で擦る、叩く、押すなどの施術をすると、身体の問題のある箇所(プラス電位が溜まっている部分)に「痛み」が生じます。
この「痛み」は「CS60が堆積したプラス電位を引き抜く際に生じる痛み」と言われています。

その仕組は、CS60胴体内部に組み込まれた独自の「スピン構造」から作り出される磁界が、身体(細胞)の不調を起こす原因となるプラス電位をCS60先端部に集め、引き込み、アース部分から排出させています。

CS60はこのような今までになかった概念で身体の不調を取り除いていく仕組みを持つヒーリングデバイスです。

しかしながら、プラス電位の存在やCS60による不調の除去効果は「科学的にエビデンスの取れたもの」ではありません。
そのCS60を当てた時に生じる「痛み」「筋肉のこり」「違和感」「不快感」こういった感覚がご自身の問題個所の発見と効果確認のための手がかりとなります。

IMBICで行うCS60を使った施術(CS60トリートメント)について

IMBICでは、施術者はCS60を使用して、お客さまのから必要最低限の不快感を引き出し、寄り添い、その不快感を丁寧に除去していきます。

施術時には、東京大田区の東蒲田にあるミヤノヒーリングラボ宮野治療院 院長 宮野博隆氏 が考案した「脳呼吸枕」(実用新案取得) を使用し、脳脊髄液の生産と流れが良くなっている状態でCS60トリートメントを行います。

全身の細胞ひとつひとつの細胞膜からプラス電位の余剰分のみを吸い上げることにより、人体に流れる微弱な電流(生体電流)を整え、症状を引き起こしている原因となる、筋肉の緊張を緩めていき、お困りの症状の改善を目指します。また、万病の元と言われる体内の不要な静電気や、活性酸素などの老廃物を除去するため、様々な不調の緩和や、予防にもお役立ていただけます。

施術は施術者がCS60を持ち、お客さまの体の部位をこする、叩く、押すことによって行います。
着衣のまま行いますので、施術時の衣服は凹凸が少なく、収縮性のある、柔らかな生地のものをご用意ください。

当店の利用について

当店は予約制になっています。
お電話または、公式LINE / ご予約フォームよりご希望の形態(店舗 [ 青葉台 or 白金台 ]・出張)日時をお知らせください。

ご予約について

お電話または、公式LINE / ご予約フォーム より受付けています。

予約受付電話:070-9000-8603
※当日のご予約はお電話をおすすめいたします。
※施術中は電話に出れない場合があります。その時は後ほど折り返しお電話いたします。

IMBIC 公式LINE

ご予約フォーム

    ※フォームを送信した時点では予約確定となりません。 こちらで空き状況を確認し、返信いたしましてご予約が確定となります。
    (当店からの返信メールがまれに迷惑メールフォルダに入ってしまう場合がございます。一日経っても返信がない場合はお手数ですがお電話または 公式LINE からご連絡ください)